この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ネットで知り合った人と会う時の注意点

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

インターネットが暮らしの一部になっている現在、全く知らない人とネットを介して知り合うということも多くなっています。

ネットでの出会いの場は年々増え、オンラインゲームであったり、TwitterやFacebookなどのSNS、最近ではマッチングアプリなどバリエーションも増え、ネットで男女が知り合って仲良くなるチャンスは年々多くなっています。

ネットで知り合った人と仲良くなれば、「実際に会う」という次のステップに進んでいくでしょう。しかし、一度も会ったことのないネット上でしか関わってこなかった人と実際に会うということに抵抗を感じている人は多いと思います。

「危険な目に遭ったらどうしよう…」「事件に巻き込まれるかも…?」等という、マイナスな考えを持っているひとも多いと思います。

そんな不安を払拭するため、今回はネットで知り合った人と初めて会う時の注意点をご紹介しようと思います。

ネットから会うまでにしておきたいこと

ネットで知り合った見ず知らずの人と実際に会うとなった時、誰しもが不安になると思います。

しかし、それでも相手と実際に会ってみたいという思いが強いなら、その不安を払拭できるよう準備をしておきましょう。

ネットから会うまでの期間

まず、ネットで相手と知り合って実際に会うまでの期間ですが、3カ月は様子を見た方が良いでしょう。ネットに出会いを求めている男性の中には、体目的で会いたいと思っている人もいます。

そういった人は「早いうちに会って、直ぐにエ〇チしたい」と思っています。ですので、なかなか会ってくれない女性からは徐々に離れていきます。

一方で、真剣にあなたと付き合っていきたいと考えている男性は、あなたが安心できるまで待ってくれるはずです。体目的かそうでないかを見極める様子見の期間に3カ月はちょうどいいと思います。

関連記事⇒
ネット恋愛のメリット・デメリット

会う前に確認しておきたいポイント

3カ月ほどの様子見の期間を経て会うことを決めたら、会う前と会った時のギャップを無くすための準備をしましょう。

➀声や容姿を確認する

ネットで知り合った相手とはどのようにコミュニケーションを取っているでしょうか?文章のみのやり取りであれば、一度通話をして生の声を聞いておきましょう。

声や話し方を聞くことで、文章では分からない相手の雰囲気を知ることができます。

通話してみてイメージと違った場合、会うのをやめることも手だと思います。

実際に会った時のギャップを埋める一番いい方法は、ビデオ通話で話すことです。写真交換をしているかも知れませんが、写真は加工すればいくらでも良く見せることができますし、最悪他人の写真を自分と偽って見せることもできます。

しかし、ビデオ通話では誤魔化しが効かないので本当の相手の容姿を知ることができます。

➁相手の個人情報を教えてもらう

会う前に相手の個人情報をある程度聞いておきましょう。

電話番号やフルネーム、住んでいる場所や務めている会社など、本人が特定できる情報をある程度は知っている状態にしておきましょう。

本人が特定できる情報を掴んでいれば、相手も下手な手出しはしてこないはずです。万が一、危険な目に遭った場合も、泣き寝入りせずに相手を警察に捕まえてもらうことができます。

③家族や友人に会うことを伝えておく

念のため、ネットで知り合った人に初めて会うということを家族や友達に話しておくと良いでしょう。

万が一、何かあった時に助けてもらったり、早い段階で気づいてもらうことできるので、より安心して会うことができます。

会う時の注意点 5つ

実際に会う時の注意点について次にご紹介していきたいと思います。

①自分のテリトリーで会う

ネット恋愛では、遠距離というケースも多いです。自分と相手の住んでいる所が離れている場合、自分が相手の住んでいる所へ赴くか、相手に自分の住んでいる所へ来てもらうという選択肢があると思います。

自分の身を守りたいと思うのであれば、相手に自分の住んでいる所へ来てもらうことをオススメします。

自分が良く知っている街であれば土地勘もあるし、いざという時にどこに逃げ込めばいいか分かると思います。逆に、相手の住んでいる街は土地勘もなければ、知り合いも少なく、いざという時の対処ができません。

➁昼に会う

初めて会う時は昼間に会う方が良いでしょう。夜よりは昼の方が、明るく人目も多いので、危険が少ないと言えます。

夜の食事はお酒が入ることが多いです。お酒が入ると判断力や抵抗力が低くなるので危険です。ネットで知り合って初めて会う人との食事ではアルコールを呑まない方が良いでしょう。

相手が夜のデートに拘り、昼間のデートを拒否してくる場合は、体目当てじゃないかと疑いましょう。

③人通りの多い所で会う

ネットで知り合った人と初めて会う時は、できる限り人通りが多い所で会うようにしましょう。駅やカフェなど、明るくて人の多い所で会うと危険な目に合うリスクは下がります。

移動するときも大通りなどの人の往来が多い所を通りましょう。もし、人通りの少ない場所や狭い路地などに行きそうになったら、きちんと「人通りの多い所を通ろう」と提案しましょう。

④密室にいかないようにする

ネットで知り合った人と初めて会う時は、できるだけ密室に行くことを避けましょう。

カラオケボックスや居酒屋の個室、観覧車やエレベーターなどデートスポットに密室は多く存在します。

人目があると人は大胆になれませんが、人目がなくなった瞬間に本性が出るということもあります。体目的の男性の場合、密室はチャンスとばかりにキスやボディータッチをしてくることがあります。

抵抗してやめてくれればいいですが、密室だからいいだろうと無理やり嫌なことをしてくるかもしれません。自分の身を守るために、相手と密室で二人きりになることは避けましょう

関連記事⇒
男性がボディタッチする心理・・・触られた場所で分かる隠された心理

⑤自宅に招かない・相手の自宅に行かない

ネットで知り合った人と初めて会う際、自分の自宅に相手を招くことや相手の自宅へ行くことはやめましょう。

自分の自宅に招くと住所が特定されてしまい、関係がこじれた場合ストーカー被害に遭う可能性もあります。

また、相手の自宅にも行かないようにしましょう。相手を自宅に招いたり、相手の家へ行くのは、何度もデートを重ねて相手の事を完全に信用出来てからにしましょう。

まとめ
ネットで知り合った人と会う時の注意点

いかがでしたでしょうか?

ネット恋愛では、まず相手を疑うようにしましょう。疑うことは自分の身を守ることに繋がります。

相手は、「俺のことが信用できないの?」と言ってくるかもしれませんが、あなたの不安な気持ちを正直に話せば理解してくれるはずです。あなたの気持ちを汲まずに強引に会おうとしてくる男性とは会わないほうが良いでしょう。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら