この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

男に結婚を意識してもらう為に・・・結婚できる女は何が違う!?

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

「結婚」は多くの女性の夢です。いずれは結婚して子供を作って素敵な家族を作る…そんなささやかな幸せに憧れる人は多いと思います。しかし、結婚するには結婚相手が必要で、相手に「結婚したい」と思われなければ成立しません。

男性は女性に比べて早く結婚したいという気持ちが薄く、「今はまだいいや」とのんびり考えている人が多いです。

そんな、結婚に消極的な男に「この女性と結婚したい!」と思ってもらうにはどうすればいいのでしょうか?今回は、結婚相手にしたいと思われる女性の特徴についてご紹介したいと思います。

男が結婚を意識する瞬間

女性は30代になるまでに結婚したい!と強く望んでいる人が多いと思います。女性には「出産」があるので「いつか結婚すればいいや~」とのんびり考えている暇はありません。

しかし、男性は結婚に対してタイムリミットを感じている人は少なく、女性と比べると早く結婚したいという気持ちが薄いです。特に、20代の男は「結婚はまだまだ先だな」と考え、もう少し遊んでから結婚しようと考えているはずです。

では、男が結婚を意識する瞬間とはどんな時でしょうか?以下で見ていきましょう。

①交際期間が長くなってきた時

交際期間が長くなってくると、自然と結婚を意識するようです。交際期間が長くなってくると、相手と居るのが心地よくなって「このまま結婚もアリかな」と思うようになります。

また、周りから「結婚すればいいのに」と言われて結婚を意識するようになることもあります。

➁家庭的な一面を見た時

料理が出来たり、その他の家事が得意だったり、家庭的な一面を見ると男はその女性との結婚を意識するようです。特に、彼女の美味しい手料理を食べると「こんな美味しい料理を毎日作ってもらえたらな~」と思い、結婚を意識するようです。

③女性から結婚したいと言われた時

女性から結婚を迫られ、結婚を意識する男もいるようです。女性から「結婚したい!」と言うのは、逆プロポーズみたいで恥ずかしいと思う女性も多いでしょう。しかし、女性に「結婚したい!」と言われて初めて結婚を意識する男もいるようです。

④友達が結婚した時

同い年や年の近い友達が結婚すると「自分もそろそろ結婚かな?」と意識し始めるようです。仲がいい友達が結婚し、妻や子供のことを幸せそうに話しているのを聞くと「結婚っていいな~」と羨ましく思い、「俺もそろそろ結婚しようかな」と考え始めるようです。

結婚にマイナスなイメージを持つ男も多いですが、身近な友達が結婚して幸せそうにしていると「結婚も悪くないな」と感じるようになるそうです。

結婚相手にしたいと思われる女性の特徴

結婚相手にしたい女性のタイプと、彼女にしたい女性のタイプは異なります。彼女にする女性には、外見や可愛げを重視します。しかし、結婚相手にする女性には、性格の良さや安心感を求めます。男は、どんな女性を結婚相手にしたいと思っているのか、以下でご紹介していこうと思います。

①一緒にいて心地よい

恋愛にはドキドキを求めますが、結婚には安定を求める男が多いようです。結婚生活は一緒にいる時間がとても長いです。

ですので、結婚相手には一緒にいてリラックスできる女性を求めます。男によって一緒にいて心地よいと感じる女性のタイプはそれぞれですが、多くの男は穏やかで全てを受け入れてくれるような心の広い女性に安心を感じます。

➁ポジティブ

ポジティブな人といると周りの人まで明るい気持ちになりますよね。ポジティブな女性と結婚することで明るい家庭が築けると考えている男性が多いです。明るい奥さんが家で待っていると思うと、男は仕事を頑張ろうと思えるようです。

逆に、ネガティブな女性が奥さんだと、愚痴が多かったり気を遣わなければいけない場面が多くて面倒くさいと思う男性が多いです。ネガティブな女性を恋人にすることはできても、ネガティブな女性を結婚相手にすることは難しいようです。

結婚相手として考えてもらいたいのなら、ネガティブな性格をポジティブな性格に変えていきましょう。

③価値観が似ている

結婚する上で価値観が似ているということは重要です。価値観が全く違うと、何かを二人で決めていくときに意見がぶつかって喧嘩になってしまいます。

価値観が全く同じという人はいないと思いますが、ある程度価値観が似ている女性を結婚相手にしたいと男性は考えます。

④金銭感覚がしっかりしている

家族になっていずれ子供を産むとなると、しっかりとお金の管理をしなければなりません。生活費や子供の教育費などを計算して家計をやりくりしてくれる女性を結婚相手にいたいと男は思っています。

逆に、浪費家で買い物にお金を使いすぎてしまう女性は結婚相手としては避けられる傾向があります。

⑤社会性がある

男は女性以上に社会性というものを大切にしています。奥さんには、自分の親類や会社の人たちと上手くやってもらいたいと考えています。人前では旦那を立ててくれるような社会性のある女性を結婚相手として求めています。

付き合っている彼氏が自分を友人に紹介してくれた際、相手と上手くコミュニケーションがとれれば社会性のある女性だと認めてもらえるでしょう。逆に、空気が読めずに打ち解けられないと、結婚相手として考えてもらえなくなるかもしれません。

男性が結婚相手にしたいと思う女性の条件は、女性が結婚相手にしたいという男の条件に少し似ているところがあります。

結婚相手は見た目よりも中身重視で選ぶ人が多いです。男性に支えてもらうのではなく、男を支えられるようなしっかりした女性になることで、男性に結婚相手にしたい!と思ってもらえるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性は女性に比べて結婚願望が少なく、結婚しようと言ってもらうのは難しいです。しかし、男性にも結婚を意識するタイミングはあるので、我慢強く待ちましょう。待てない場合は、自分から結婚したいと言ってしまうのも手です。

男性にプロポーズされたいなら、結婚したいと思われる女性になりましょう。男性は、家庭を支えてくれるような穏やかで前向きな強い女性を結婚相手に求めています。恋人に頼ってばかりではなく、恋人の支えになれるような彼女になれば、結婚相手として意識してもらえるようになるでしょう。

結婚は人生の究極の選択の一つだと思います。結婚相手によって人生を左右されることもあるかと思います、結婚を焦るばかり、相手を見失っていては理想的な結婚生活は望めないでしょう。かといって厳選していてはタイミングを逃してしまう・・・とても判断が難しいと思います。

私が言えることは、とても当たり前のことかもしれませんが、結婚はやっぱり自分の好きな人とするべきです。その人もっているステータスが好きなのか、その人自身が好きなのかでは大きな違いです。

長い結婚生活、夫婦は苦楽を共にします。一方が辛い時、一方は何も言わずに受け止めてあげる、そんな素敵な相手があなたにも見つかれば良いですね。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら