この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

別れた彼と復縁する具体的な方法

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

大好きだった彼氏との突然の別れはとても悲しいことです。自分はまだ彼のことが好きなのに一方的に別れを告げられたら、納得できず未練が残るのは当然です。

平気なふりをしていても、気が付くと彼の事を考えて涙が出てしまう…それは、やはり元カレのことがまだ好きで、諦めきれていないという証拠です。もう一度彼と付き合いたい!というのが、あなたの本音なのではないでしょうか?

そんな願いをかなえるため、今回は別れた彼と復縁する方法についてご紹介します。

復縁するタイミングは別れて2・3カ月後

別れた直後は彼への未練も強く、どうにか彼氏の心をつなぎ留めたいと定期的に連絡を取ろうとするかもしれません。連絡を取っていない間に相手が自分を忘れてしまうかも…と心配になるかも知れませんが、別れた直後はしばらく連絡を取らない方が良いです。

別れを切り出すという時点で、彼の「別れたい」という気持ちはかなり強いと言えます。別れを切り出す前に、彼はあなたとの関係性を再度考えたはずです。

しかし、その上で「別れたい」という思いが勝って別れを切り出しているので、彼の意思はかなり堅いです。別れた直後の彼は「ようやく終わった!」と思い、付き合っている間に我慢していたことをしようと開放的な気分になっていることでしょう。

そんな時にあなたから連絡が来たら、彼はあなたの事を鬱陶しいと感じ、あなたに対して良い印象は抱かないでしょう。

別れた直後は、あなたへの不満要素が払拭されておらず、別れる原因となったあなたの嫌いな所を思い出すことになるかも知れません。

復縁したいのなら、連絡するタイミングは別れてから2・3ヵ月後がベストです。男性が別れを後悔し始めるタイミングは2・3カ月後です。

別れた直後は、彼女がいることで抑圧されていたことを楽しもうという気持ちが強いです。しかし、時間が経って別れを客観的に考えられるようになると、あなたとの良い思い出を振り返って少し寂しい気持ちになってきます。そのタイミングが連絡をするベストなタイミングです。

復縁したいなら我慢しましょう。一度思い切って彼と離れてみることで、あなた自身も冷静になることができるでしょう。冷却期間として別れてから2・3カ月は連絡をしないでおきましょう。

元カレと復縁するコツ

では、次に元カレと復縁するコツをご紹介していきます。ただし、これは2・3カ月の冷却期間を置いたことを前提とした方法です。

①別れた原因を考える

2・3カ月の冷却期間に別れた原因について考えてみましょう。別れ話を切り出された時は、冷静に別れの原因を分析することができなかったと思います。別れた直後も、彼の悪い所ばかりを並べて、自分に別れの原因があると受け止めることができないでしょう。

しかし、1カ月もすれば別れの原因が自分にあったのではないか?と冷静に思い直すことができます。

復縁するには、彼に別れたいと思わせてしまったあなたの悪い所を反省し直していくことが必須です。きちんと反省している気持ちを伝え、今後直していくという姿勢を彼に見せることで、復縁の可能性はグッと高まります。

➁復縁を迫らない

復縁したいからと言って、復縁したいという気持ちを押し付けることはやめましょう。一度壊れてしまった関係を修復するためには、長い時間が必要です。冷却期間を置いてあなたが反省しているからといって、彼が復縁を望むとは限りません。

冷却期間のおかげで、やっと自然に彼と接することができるようになったのに、復縁を迫ることで喧嘩になり彼の心が遠ざかるかもしれません。復縁するためには我慢が必要です。軽い感じで「やり直したいな~」と言ってみるのはいいですが、彼の反応が微妙でも執拗に復縁を迫ることはNGです。

③恋愛対象として意識させる

一度恋が終わってしまうと、相手はあなたのことを女性として意識しなくなる可能性があります。恋愛対象外にされてしまうと、復縁は難しくなります。

冷却期間を置けば、仲のいい友達という関係に落ち着くことができると思いますが、そこからもう一度恋人の関係になるのは難しいです。そこで、彼をドキドキさせるような行動を取り、再び恋愛対象として意識してもらえるように努力しましょう。

付き合っていた時以上に、自分の女としての価値を上げることが大切です。いい女になって「放って置くのが惜しい!」と彼に思ってもらえる存在になりましょう。

④復縁するまでは素っ気なく

相手に恋愛対象として意識してもらうことは大切ですが、あまり媚びてはいけません。「こいつはまだ俺のことが好きなんだ」と思われているうちは、彼はあなたのことを自分の所有物のように扱います。

好きな時に呼び出したり、付き合ってもいないのに体の関係を求めてきたり、最悪セフレのように扱われる可能性があります。ですので、彼氏に都合の良い存在にならないよう、ある程度は素っ気なく接することが大切です。

あなたは、彼氏と復縁したいと思っているけれど、都合のいい女にはされたくないと思っているはずです。

ですので、彼に呼ばれたからと言ってホイホイついていくことはやめて、時には断ってみましょう。「その日は予定が…」と言って断ることで、彼はあなたが新しい一歩を踏み出そうとしていることを感じ、自分から遠ざかっていくという喪失感を持ちます。そうすると、急にあなたのことが惜しくなって復縁を考え始めるかも知れません。

別れた彼と復縁する具体的な方法
まとめ

いかがでしたでしょうか?

復縁には長い時間が掛かります。そして、辛抱強い我慢が必要です。

まずは、冷却期間として2・3カ月は自分から連絡を取らないようにしましょう。別れた直後に連絡を取り合うことは得策とはいえません。

相手があなたとの良い思い出に想いをはせる時期と、あなたが別れを冷静に受け止められるようになる時期の、双方の時期が別れて2・3カ月後です。

また、復縁を成功させるためには、相手から再び恋愛対象として意識してもらうことが重要です。相手を見返してやろう!という気持ちで、以前とは見違えるほどのいい女になりましょう。そして、彼に媚びることはせずに素っ気ないくらいの態度で接しましょう。

 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら