遠距離恋愛を楽しむ裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

付き合っている恋人と来年から遠距離恋愛確定…というあなた!

「遠距離恋愛とか最悪…」「上手くいやっていける自信がない…」「この際、別れることも検討している…」などとマイナスなことを考えていませんか?

しかし、遠距離恋愛だからと言って絶望的な気持ちになる必要はありません。むしろ、遠距離恋愛でしか味わえないような楽しみや幸せがたくさんあります。

以前には”遠距離恋愛が続くカップル・続かないカップルの特徴”を紹介しましたが、今回は、遠距離恋愛を楽しむための方法をご紹介していこうと思います。この記事を読んで、遠距離恋愛へのマイナスイメージを払拭してもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

遠距離恋愛の成功率はそんなに低くない!

遠距離恋愛は続かない…と思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?

あまり考えたくはないですが、遠距離恋愛の破局率に関するデータによると、78%の約8割の遠恋カップルが破局してしまうという結果が出ています。逆に、別れずに結婚に至るカップルは約2割と少なく感じます。

遠恋の破局率は8割と聞くと絶望的に感じてしまいますが、少し視点を変えてみましょう。次に、遠距離恋愛の交際年月に関するデータを見てみると、半年以内に破局するカップルが全体の6割となっています。

この中には、3カ月未満で別れるカップルの割合も多いです。遠距離恋愛に耐えられず半年未満で見切りをつけてしまう人が半数以上いるようです。一方で、1年以上続いているカップルは全体の4割となります。

先程の、遠恋の成功率(結婚する確率)が2割でした。そして、1年以上交際をしているカップルが4割です。このデータを照合すると、1年以上交際しているカップルの半数はそのまま結婚するということが分かります。

つまり、1年辛抱して別れずにいれば、結婚の可能性がグッと上がるということが分かります。辛い辛いと思って過ごしていると1年はとても長く感じますが、同じ1年間でも楽しんで過ごすことができればあっという間です。

遠距離恋愛の期間を楽しんで過ごすための方法について、次でご紹介します。

遠距離恋愛を楽しむ方法

①会えない時は通話

遠距離恋愛は普通の恋愛よりもコミュニケーションを取り合うことが大切です。近くに恋人がいて頻繁に会っていると、普段から連絡を取り合う必要性を感じられないと思います。

しかし、遠距離恋愛の場合、連絡を怠るとお互いに相手の存在感が薄くなって心が離れて行ってしまう可能性があります。

できれば、「おはよう」などの軽い挨拶でも良いので毎日LINEなどでメッセージを取り合うようにしましょう。メッセージもいいですが、一番良いのは通話をすることです。やはり、文字よりも音声でコミュニケーションを取り合った方が、お互いを近くに感じることができます。

触れることはできませんが、通話で喋ることでも十分お互いの心を通わせることができます。できれば毎日、それが難しければ2日に1回くらいは通話しましょう。寝る前に通話するというルールを決めておくのも良いかもしれません。

➁会う日の計画を立てる

遠距離恋愛において、「会う」という行為は一大イベントとなります。1カ月2ヵ月ぶりに会える!となると、近くに住んでいる恋人と会うよりもテンションが上がりますよね。遠距離恋愛だと「会う」ということに大きな喜びを感じることができます。

会う日はお互いにとって特別な日となります。通話などで相手と会う日の計画を立てたり、デートのプランを考えたりすると、恋人と会う日を楽しみにして日々の寂しさやストレスに耐えられると思います。

会う回数や時間は多ければ多いほど良いというものではありません。内容の薄いデートを10回するよりも、質が高く内容の濃いデートを1回した方が幸せだということもあります。ですので、会う回数や時間の少なさにとらわれず、貴重な1回のデートの質を高めるために計画を立てましょう。

③常にポジティブに

遠距離恋愛だからと言ってネガティブになると絶対にいい方向へは進みません。遠距離恋愛には様々な不安がつきものです。

しかし、不安になって疑ってばかりではいけません。心の距離は物理的な距離と比例すると言います。単純接触効果というものをご存知でしょうか?これは、ただ単に多く会っているというだけで人は相手に好意を抱くのです。単純接触効果の真逆が遠距離恋愛です。

ですので、物理的に離れている分、心の距離も遠いです。ただでさえ離れている心の距離を、あなたのマイナスな発言でより遠ざけることは控えた方が得策です。

遠恋では常にポジティブでいましょう。例えば、次会う時に惚れ直してもらえるよう自分を磨こう!とか、自由に時間が使えてラッキー!とか、遠距離恋愛を積極的に楽しむ姿勢を忘れないようにしましょう。

遠距離恋愛でやってはいけないNG行動

①浮気を疑う

遠距離恋愛で浮気を疑うことはタブーです。疑ったところで、それを確かめる術はありません。「あなた浮気してるでしょう!」と責められたら、仮に相手が浮気をしていない場合、あなたのために浮気を我慢していることが馬鹿らしくなって本当に浮気に走ってしまうかもしれません。

また、「相手が浮気しているのではないか?」と友達に相談することはやめましょう。遠距離恋愛経験者ならまだいいですが、経験のない友達に相談すると勝手が分かっていないので「それ絶対浮気だよ!」と言われます。そうなると、あなたが余計に不安になるだけで何の解決にもなりません。

➁人の恋愛と比べる

お互いが近くに住んでいていつでも会えるカップルの話を聞くと、とっても羨ましくなりますよね。私だって会いたいのに…と、少しナイーブな気持ちになってしまいます。

しかし、「よそはよそ、うちはうち」の精神で比べるのはやめましょう。遠距離恋愛だから充実していないということは決してありません。

むしろ、距離という障壁を乗り越えてお付き合いを続けているカップルの方が素晴らしいと思います。遠恋が続いていることに誇りを持ちましょう。

③会っているときに喧嘩する

恋人と会っている貴重な時間に喧嘩をするのはとても勿体ないです。もし、喧嘩別れしてしまった場合、もやもやした気持ちで次に会える時を待たなければいけません。ただでさえ、不安の多い遠距離恋愛で余計な心配を増やす必要はありません。

会っている時は、もし不満や怒りたいことがあってもグッと我慢した方が得策です。

遠距離恋愛を楽しむ裏技
まとめ

いかがでしたでしょうか?

遠距離恋愛だからすぐ別れるということはありません。それは、遠距離恋愛をしたことのない人の先入観であり、マイナスなイメージに引っ張られないように気持ちを強く持ちましょう。

距離という壁を乗り越えたカップルの絆は強く、他のカップルに比べて素晴らしいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存