最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

犬系男子と猫系男子、あなたの好きな人はどっち?

あなたは犬派ですか?猫派ですか?

犬は飼い主に従順な生き物で、猫はどこか気まぐれでツンデレな生き物です。

この犬っぽい性格や猫っぽい性格は人間にも当てはまり、人間の性格を大きく二つに分けると犬系と猫系の性格に分けることができます。

この、犬・猫の性格の違いは私生活でも垣間見ることができますが、特に、恋愛面において顕著に表れるでしょう。

あなたが気になっている男性やお付き合いしている男性も、犬系男子・猫系男子の2種類に分けることができます。

相手が犬・猫どっちのタイプかを知り、性格に合ったアプローチをすることで好きな男性との距離を縮めることができます。

この記事では、犬系男子と猫系男子の特徴と違いについてご紹介し、それぞれの効果的なアプローチについて書いていきたいと思います。

犬系男子の特徴と見分け方 6選

①犬系男子はアウトドア

犬系男子は体育会系の人が多いのが特徴で、家にいるよりも外に出て体を動かしたい性分です。

デートの時は、家デートは少なめでお出かけデートを提案してくることが多いでしょう。また、犬系男子にはスポーツ好きな人が多いので、体を鍛えていたりスポーツ観戦が趣味である人が多いです。スポーツ観戦に行こう!と誘われたら犬系男子の確率が高いです。

➁犬系男子は集団行動する

犬系男子は体育会系な性格もあり、集団行動が得意です。学生時代からスポーツをやっている人も多く、チームで行動することに慣れていて好んで集団行動をします。

男友達は多い方で、男友達と固まって遊んでいるのが好きな人が多いです。

③犬系男子は甘えん坊

犬系男子は甘え方がダイレクトで、素直にかまってほしいアピールをしてきます。

大好きな彼女とはいつも一緒に居たいと思っており、会えないと「寂しい、会いたい!」とダイレクトに伝えてくれるのが犬系男子の特徴です。

寂しい時は寂しいと言ったり、会いたい時は自分から会いに来てくれたり、自分の気持ちに正直に行動するのが犬系男子の特徴です。

④犬系男子アプローチが積極的

大好きな彼女に対しては、とことん尽くしてくれます。プレゼントを買ってくれたり、いつも褒めてくれたり、相手が喜びそうなことは何でもしてあげようという気持ちがあります。

照れくさくて言えないような愛の言葉も、直球で言ってくれるのが犬系男子です。

⑤犬系男子は顔に出やすい

犬系男子は表情が豊かで、感情がすぐに顔に出やすい所があります。嘘をつくのが苦手なタイプです。逆に言うと、表裏がない性格と言えるでしょう。

分かりやすい性格なので、変に勘繰らなくて済むところは楽かもしれません。

⑥犬系男子は連絡がマメ

犬系男子は、連絡を自分から送ってきてくれることが多いです。

大好きな彼女とはずっと繋がっていたいという気持ちが連絡をするという行動に素直に現れています。寂しがり屋な一面もあるので、返信を返してあげないと心配してくるかもしれません。連絡をマメにとって欲しいと思う女性とは相性が良いでしょう。

猫系男子の特徴と見分け方 6選

①猫系男子はインドア

猫系男子は、自分の部屋で一人で過ごすことを好みます。人混みが苦手だったり、面倒くさかったりといった理由で外には出たがりません。

その代わり、自分ひとりで出来る趣味をたくさん持っており、多趣味であることが多いです。デートの時も家デートを好み、外に出たがりません。

➁猫系男子は一人が好き

集団行動よりも一人でいる方が気楽だと思っているのが猫系男子の特徴です。

決して、集団行動ができないというわけではありませんが、人一倍空気が読めてしまうため集団行動で人に気を遣うことを息苦しく感じています。

デートをするときも、ダブルデートは好きではなく、二人きりで過ごすことを好みます。

③猫系男子はマイペース

マイペースなため、相手に何でも決められてしまうことを嫌がります。

彼女とは適度な距離感を取り、お互いに干渉しない関係を望みます。ちょっと頑固なところもあるので、嫌なことは嫌だと言って曲げないことも多いです。

④猫系男子はシャイ

猫系男子も犬系男子と同じくらい彼女の事を大切に思っています。

しかし、シャイな性格から好きだということをストレートに伝えることが苦手です。自分からハグしたり手を繋いだりすることさえ恥ずかしくてできないという猫系男子もいます。

関連記事⇒
シャイな彼氏の特徴と、分かりづらい愛情表現について・・

⑤猫系男子はかまってほしいけど言えない

猫系男子はベタベタ構われるのが嫌いで、基本的には構ってほしくないと思っています。

しかし、寂しくなって構ってほしくなる時もあります。そういう時に、猫系男子は素直に「かまって」とは言えず、不可解な行動を取ることもあります。

⑥猫系男子は嫉妬深い

いつもツンツンしていて、彼女に無関心なようにも見えますが、意外と嫉妬深い一面があります。

猫系男子は交友関係も狭いので、彼女が他の人と仲良くしていると嫉妬してしまいます。もっと俺もかまえよ~とちょっかいを出してくるかもしれません。そういう、たまに出るデレ要素も猫系男子の魅力です。

関連記事⇒
好きな人にそっけない態度をとられた!その理由とは・・厳選6つ

犬系・猫系アプローチに仕方

では最後に、犬系男子・猫系男子が好む女性についてご紹介します。

〇犬系男子は、褒められるのが大好きで、叱られるとちゃんと反省するという単純で素直な性格をしています。

ですので、飴と鞭を使い分けるようなSな女性と相性が良いです。犬系男子は、女性が強くてリードしていくような関係を好みます。褒めるべき時は褒め、叱るべき時は叱り、構ってほしそうなときは構ってあげるような女性が最適です。

しかし、あまり放置しすぎると犬系男子は不安になってしまうので、適度に愛情表現をしてくれる女性が良いと思っています。

〇猫系男子は、自分から愛情表現をすることが苦手なので、積極的に愛情表現をしてくれる女性との相性が良いです。

しかし、かまわれすぎると鬱陶して嫌だと思いるので、かまいすぎは良くないです。

適度に放っておいてくれるけど、愛情表現豊かで素直な性格の女性を好みます。可愛く甘えてくるような妹っぽい女性が猫系男子と相性が良いです。

犬系男子と猫系男子、あなたの好きな人はどっち?
まとめ

いかがでしたでしょうか?

全ての男性が犬・猫に当てはまるわけではありませんが、突き詰めていくとどちらかの性格に分類できるはずです。好きな人の行動を観察して犬か猫か見極めてみてください。

カテゴリー

最後までご一読くださり、有難うございます。shareの1票も是非お願いします!

Follow me, please!