この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

カップルの倦怠期って実は大事な期間!?倦怠期を乗り越える具体的な方法

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

彼氏と付き合った当初は、いつもドキドキしてトキメキが止まらなかったのに、今は顔を合わせると彼氏にイライラしてしまって喧嘩が絶えない…と悩んでいる人はいませんか?

デートがマンネリでつまらなかったり、彼氏に会いたいという気持ちが減ったり、付き合ってある程度の月日が経って「冷めた」という気持ちが大きくなっている人は「倦怠期」を迎えている可能性があります。

「倦怠期」を迎えると「今後、付き合っていけるのかな?」と不安になることもあると思いますが、必ずしも別れる必要はありません。

「倦怠期」は誰にでも訪れるものであって、その特徴や対処法を知っていると上手に乗り越えることができます。

今回は。「倦怠期」の実態と乗り越える方法についてご紹介したいと思います。

倦怠期って何だろう?

出会ったばかりや付き合った当初は、お互いに相手を強く意識し遠慮し合って過ごします。しかし、時間が経つにつれて相手に慣れていき、相手も自分も素の状態が出てきます。

最初は、欠点があったとしてもそれも愛嬌だと思えますが、付き合う年月を経る毎に欠点が気になってイライラするようになります。

また、付き合い始めは気にならなかった相手の癖や性格などが妙に気になってイライラするようになります。

相手へのイライラが増えて頻繁に喧嘩をするようになると、「私はあなたのことが嫌いなのだろうか…?」と別れを意識するようになると思います。

しかし、「倦怠期」は相手の事を始めの頃よりも深く知ったからこそ訪れるものであり、「恋」「愛」に変わっていく過程で必ず迎える時期なのです。

ですので、彼氏のことが嫌いになったのではなく、相手への愛の形が変わりつつある証拠だと思うようにしましょう。

倦怠期を乗り越えるカップルは、深い愛情で繋がることができます。

関連記事⇒
女として見られたい!彼氏や夫に女として見てもらう方法

カップルの倦怠期はいつ来るのか?

倦怠期は、恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミン(PEA)の減少によって起こります。恋愛の初期段階では、このPEAが大量に分泌されてある種の快感をもたらします。

しかし、付き合い始めて3カ月あたりからPEAは減少し、3年後にはなくなってしまいます。倦怠期が訪れるとされている時期は、付き合ってから3カ月・6カ月・9カ月…と3の倍数の月にやってくると言われています。

しかし、倦怠期には個人差があるので一概に付き合って○ヵ月目と言うことはできませんが、どのカップルにもやってくるものです。

付き合って3カ月を過ぎ、何だか恋人と上手く行かないな…と感じたら倦怠期を疑ってみましょう。

カップル 倦怠期の乗り越え方 4選

「倦怠期」は必ずしも悪い物ではなく、むしろ、相手と深い愛情で結ばれるための前段階と考えれば「倦怠期」も怖くありません。

しかし、「倦怠期」真っただ中にいるカップルは、このまま関係が終わってしまうのだろうか…?と思い悩んでしまうことだと思います。そこで、「倦怠期」を乗り越えるための具体的な方法について以下でご紹介したいと思います。

関連記事⇒
愛情が冷めてしまう原因・男女の違い

①カップルで共通の趣味や目標を見つける

倦怠期はマンネリから訪れます。いつも同じような場所で合っていたり、デートの内容がパターン化していると飽きがきてしまいます。

ですので、共通の趣味や目標を見つけることでパターン化しているデート内容を新しくしましょう。例えば、一緒にオンラインゲームをしたり、二人でも楽しめるスポーツをしたり、できれば二人で完結するような趣味の方が良いでしょう。

共通の趣味を持つことで、話題がないというマンネリ状態を打開することができます。また、資格の勉強を一緒に行ったり、何かの点数で競ってみたり、共通の目標を持つことで連帯感を持つことができます。共通の趣味や目標を見つけることで、マンネリ解消に繋がるでしょう。

➁いったん距離を置いてみる

一度、恋人との距離を置いてみることも大切です。

倦怠期には、破局が心配で余計に距離を縮めようとする人がいますが、それは逆効果です。一緒にいることで新たな喧嘩が生まれて悪循環を生みます。

自分から連絡するのを控えてみたり、デートの回数を減らしてみたりと、相手と接する機会を減らしてみましょう。

そうすることで、相手の大切さや良さに改めて気づくことができるでしょう。また、相手もあなたと会えないことで、あなたの大切さに気が付いてくれるはずです。

関連記事⇒
意味のある喧嘩をしていますか?喧嘩しても仲直りできるカップルの特徴

③自分磨きを怠らない

倦怠期を迎えて、相手を意識する気持ちが減ったからと言って自分磨きを怠ることはいけません。

あなたが相手に飽きているのと同じで、相手もあなたに飽きている可能性があります。そういう時に、あなたの女性としての魅力が減っていくと、相手は他の人に目移りしてしまうかもしれません。

むしろ、倦怠期には女性としての魅力を上げていく必要があります。

相手は、あなたに飽き始めているので、イメチェンをするなどしてもう一度女性として意識してもらえるように努力しましょう。あなたが魅力的になれば、相手もあなたのことを放っておきません。

④初心にかえる

倦怠期には相手の嫌なところばかりが目に付いてしまいます。しかし、出会った当初は相手のことが好きでたまらなかったはずです。

相手のどういう所が好きで付き合い始めたのか?どういう所が魅力的に思えたのか?一度初心に戻って思い返してみましょう。そういえば、彼の○○なところが好きでお付き合いし始めたんだ!と忘れていた感情を思い出すことができるかも知れません。

また、初デートで言った場所をカップルで訪れるなどすれば、付き合いたての感情が思い出されるでしょう。

付き合いたてのラブラブな頃を取り戻そうと努力すればするほど、空回りする可能性もあります。冷静になって自分たちの関係を見直し、関わりすぎず離れすぎず、倦怠期が過ぎ去るのを待ちましょう。

倦怠期を乗り越えた後は、今まで以上にお互いが掛け替えのない存在と認識できるカップルになれるはずです。

カップルの倦怠期を乗り越える方法
まとめ

かがでしたでしょうか?

「倦怠期」はカップルの愛情がより深い物に変わる過渡期です。どんなカップルにも必ず訪れるものなので、あまりマイナスに考えずに上手に乗り越えましょう。

倦怠期で心掛けたいのは、マンネリの脱却と適度な距離感です。お互いにアイディアを出し合って「倦怠期」を乗り越えましょう。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローボタンはこちら